美容院・美容室で白髪染めをすると値段が高い?

美容室や美容院の白髪染めの料金、何とか安くできないかなと思いませんか?
お店にもよりますが、カット・シャンプー込みで5,000円~10,000円かと思います。

これを1ヶ月、2ヶ月おきに行うと家計への影響も小さくありません。
なぜ、美容院・美容室での白髪染めは値段が高くなるのでしょうか。また、値段に差があるのはなぜでしょうか。

美容院・美容室の白髪染めが高い理由

美容室・美容院で白髪を染めると、お店で美容師さんに染めてい貰うので、材料費以外に当然、技術料(人件費)とお店の維持費として家賃、光熱費・水道費等が含まれます。

後で説明しますが、値段の差が出るのは材料費が大きいです。

また、美容室で染めるのと自宅で染める違いですが、一概には言えませんが、美容室で染める方が発色がきれいで髪を傷めにくいと言われています。

髪の傷みについては、市販の毛染めは短時間で染まるように、強い薬剤が使われているためと言われています。

しかし、私の経験からの感想ですが、家で染めても美容室で染めても結果に大きな違いはなかったです。

美容室で染めても色が落ちる時は落ちますし、髪へのダメージの違いも明確には分かりませんでした。

値段での差はあるの?

美容室・美容院での白髪染め料金に関してはカット・シャンプー込みで5,000円~10,000円と書きました。
2倍も差がありますよね。その差はどこから来るのでしょうか。

技術料(人件費)

評判のいい美容師さんはやはり高いです。’カリスマ’美容師とかになると訳の分からない値段になることもあります。
一般的に町の美容師さんであれば大きな差はでないかなと思います。

店の維持費

やはり地方と大都市では大きな差がでます。東京都心で白髪染めをすると8,000円くらいになってしまうと思います。

材料費

ヘアケアに手間をかけるとその分材料費も高くつきます。

具体的には白髪染めをする前に発色を良くするために、過酸化水素を使います。
この過酸化水素水は皮膚へのダメージが強く、頭皮を傷めてしまうとその後の髪にダメージが出てしまいます。

頭皮のケアをするために白髪染めの最後に分解除去するかしないかで、その後の頭皮・髪の傷みに大きく差がつくと言われています。
また、ヘアトリートメントをしっかりとすると材料費はその分、かかることになります。

やはり「安かろう悪かろう」ということは言えるわけです。

まとめ

◆美容院・美容室での白髪染めの料金は材料費・技術料(人件費)・お店の立地条件によって決まる

◆お店の立地条件を除けば、やはり高い料金の方が髪は傷み難い

とは言っても本文の中でもご説明した通りに、美容院でも自宅でも個人的には髪の染まり具合、髪の傷み具合の差は分かりませんでした。

美容院・美容室に行くとお金以外に時間もかかります。一方、美容院・美容室に行くのが好きという方もいますので、その辺は好みで使い分けたら良いかと思います。

髪を傷めずに、上手に、自宅で染めたいという方は「ヘアカラートリートメント」がおすすめです。

≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

白髪染めをすると老けてしまう?

お風呂の床や壁に付いた白髪染めの落とし方について

自宅で白髪染めをしたい!!

白髪染めをしていると、生え際が薄くなってきた・・・

数本程度の白髪が気になります、対応方法を教えてほしい

市販の白髪染めで明るい色に染めたい