男性の白髪染め、おすすめの色は~ブラック? ブラウン?~

男性の白髪染めの色って意外と迷いますよね。

女性でしたら、明るい茶色などでお洒落をしても自然に見られます。最近では茶髪男子も珍しくなくなってきましたが、40代以上となるとちょっと派手だなと思う人もいます。

しかし、少しは個性も出したい! お洒落もしたい! という人は多いです。ここでは、40代以上男性に絞って白髪染めの色について説明します。

最初にお断りしますが、「俺はこの色でいい!!」と決めている人は読み飛ばして結構です。白髪染めの色の選択で迷っている方、お読みください。

無難なのはやっぱりブラック

最初に結論ですが、無難なのはやっぱりブラックです。

40代以上となるとやはり明るい茶髪は、一般的には無理があります。職業や外見がかなり絞られます。普通の40代以上の男性が茶髪にしていると、やはり不自然です。

会社員でしたら、茶髪、長髪は禁止という会社も少なくありません。したがって、無難なのはブラックなのです。

よく、白髪染めのブラックは「黒すぎて不自然なためカツラに見える」、とか「白髪染めがバレバレ」と言われることもありますが、最近では白髪染めメーカーも研究しており自然な黒色を実現しています。

一言でブラックと言ってもメーカーによって、ナチュラルブラックや、赤みのあるブラック透明感のあるアッシュブラックと様々な色目が楽しめます。まずはブラックの中で色々と試して自分の好みのブラックを探してみるのが良いでしょう。

ですから白髪染めの色で迷っている場合は、ブラックの中で選ぶべきなのです。

慣れてきたらブラウンも

ブラックを染めてみて、「色が暗いな」とか「重たい感じがする」と思ったらブラウンもいいでしょう。

その時も、最初はなるべく暗いダークブラウンが良いでしょう。ブラウンは光の反射によっては、かなり明るく見えることはあります。

ダークブラウンでも自分で思っているよりは、かなり印象が変わります。

グレーという選択もあり

50代以上の方にはグレーという選択もあります。

「まだらな白髪頭は嫌だけど、かといって真っ黒は不自然な感じまして嫌だ」という方はグレーもありです。

グレーに染めると髪にツヤが出て、まだらな白髪頭もロマンスグレーに変身します。

最近はあえて白髪を染めないという人もいますよね。運動選手はイチロー選手、三浦知良選手。芸能人では吉川晃司さんなどが有名です。ですから、グレーという色もいい選択です。

まとめ

◆一般的な40代以上の男性の白髪染めはブラックが基本。

◆慣れてきて、他の色を試してみたい場合もダークブラウンから。

◆50代以上の場合はグレーという選択もあり。

白髪染めに関しては意外とブラックに対して否定的な意見が多いです。

しかし、ある程度の年齢の方はブラックの方が自然で上品な感じになることが多いです。最終的にはご自分の好みになりますが、自分の近くの同年代の方を見ながら決めていくと良いと思います。(「あの茶髪は似合っていないぞ!!」と思うことはありませんか?)

白髪を染めたいけど、「美容院で染めるのは、お金も時間ももったいない!」、「市販の白髪染めは頭皮や髪へのダメージが心配」。 そんなあなたにピ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

黒髪も茶色の白髪染めで染まる?

白髪を染め残しなくきれいに染めたい

黒の白髪染めをすると、後から生えてくる白髪が目立ってしまう

白髪染めでジアミンアレルギーになった!! その対策とは

自分に似合う白髪染めの色が分からない

襟足から後頭部だけ、白髪が目立って困る