ヘアカラーで白髪は染まるの?

白髪が目立ってきたけど、心理的に白髪染めは使いたくないとか、白髪染めに好みの色が無いという理由で、ヘアカラーで白髪を染めたいと思ったことはありませんか?

※ここでいうヘアカラーとは、いわゆる「おしゃれ染め」とは「黒髪用ヘアカラー」を指します。「白髪用ヘアカラー」と言われるものがありますが、それは白髪染めですので当然に白髪はきれいに染まります。

結論から言いますと、ヘアカラーで白髪を染めると色は着きますが、思ったような色にはなりません。ここではヘアカラーではなぜ白髪が染まらないか等について説明します。

ヘアカラーと白髪染めの違い

まずはヘアカラーと白髪染めの違いについて説明しましょう。

目的が違う

ヘアカラー 黒髪を希望の色に染める。
白髪染め 白髪に色を付けて目立たなくする。

ヘアカラーと白髪染めはそもそもの目的が違うのですね。ヘアカラーは黒い髪の人がファッションで髪の色を変えることが目的で、白髪染めは白髪を目立たないように髪に色を付けるのが目的です。

髪に色を付ける力が違う

ヘアカラー 髪に色を着ける力が弱い。
白髪染め 髪に色を着ける力が強い。

ヘアカラーと白髪染めは基本的な仕組みは同じです。
まず、髪の色を抜いて(ブリーチといいます)、色を着きやすくしてから、希望の色に髪の毛を着色します。

ヘアカラーは元々髪の毛が黒い人を想定していますので、髪の色を抜く力が強く、着色する力が弱いです。
したがって、白髪に色は付きますが、希望通りには染まらないことになります。

なお、脱色は髪にダメージが掛かりますので、白髪よりヘアカラーの方が一般的には髪が傷みやすいです。

ヘアカラーで白髪を染めるとどうなるの?

では、ヘアカラーで白髪を染めるとどうなるのでしょうか。
一般的には、白髪がよく染まらない、仕上がりが明るくなりすぎる、ということがおこります。
元々の毛の色目にもよりますが、白髪に色は着きますが、白髪が浮いたような色になり、かえって目立つことにもなります。

まとめ

◆ヘアカラーでは白髪はうまく染まらない。

◆ヘアカラーでは白髪が染まらないのは、脱色する力は強いが着色する力が弱いため。

◆ヘアカラーで白髪を染めると、かえって白髪が目立ってしまう。


≪ルプルプ通販サイト≫ツヤツヤ潤う白髪染め

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自宅で白髪染めをしたい!!

白髪染めでキラキラ光ってしまう!! キラキラしない方法とは?

産後に白髪が増えた! その対策と治し方について

白髪染めをすると頭がかゆい!! その原因と対策とは

生え際の白髪をきれいに染めたい

バスルームを汚さずに白髪染めをしたい