その白髪、病気が原因かも?

一般的な白髪の原因は色素が足りなくためです。

髪が黒いのはメラノサイト(色素細胞ともメラニン細胞いいます)という色素を作る細胞によって黒い色がついて生えてきます。
このメラノサイトが機能低下したり、消失されると白髪になります。

しかし、中には他の病気によって、白髪になってしまう場合もあります。
白髪が病気のサインということです。ここでは白髪の原因となる病気について説明いたします。

成長ホルモン分泌不全症

加齢による白髪は成長ホルモンの分泌が少なることも原因の一つです。

20代や30代など年齢にかかわらず成長ホルモンが少なくなると、成人成長ホルモン分泌不全症という病気になります。
成長ホルモンが足りなくなってしまうので、白髪の原因となります。

成長ホルモン分泌不全症の特徴は、すぐに疲れやすい、物事に対する意欲・集中力が低い、体脂肪がつきやすいなどです。
しかし、風邪のように熱が出るなどの分かりやすい症状が出るわけではないため、本人もなかなか気付きにくいです。

貧血

貧血の原因はビタミンB12と葉酸の欠乏です。
一方、髪への栄養分が少なくなると白髪になるリスクが高くなります。

髪に必要な栄養分はタンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど髪に必要な栄養素は色々ありますが、中でもビタミンB12が不足すると白髪になりやすくなります。

したがって、貧血のよって白髪になることがあります。

白髪の対策と言えば染めるものと考えていませんか? 実はサプリメントという対策方法もあります。白髪染めほど、一般的な対策ではないかもしれませ...

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は男性の10倍と女性に非常に多い病気です。40歳以上の約1割に見られると言われています。

甲状腺機能低下症の症状は白髪が増える以外にも以下の様なものがあります。初期の段階では大きな症状や自覚もなく、気が付きにくい病気で、他の病気との誤診も多く注意が必要です。

・疲労感
・集中力の欠如
・記憶力低下
・乾燥肌
・冷え性
・心機能の低下
・頭髪が薄くなる
・髪の毛の質感が悪くなる

尋常性白斑

白斑の原因はメラノサイトの異常、チロシンの減少であると考えられています。
メラニン色素が生成されなくなると、メラニンを含まず生えてくる髪の毛は、白髪になります。
また、髪だけでなく肌や皮膚に色素が定着しにくくなります。

白斑は遺伝が関係している事が多いですが、化粧水や美容液などに含まれる成分でも白斑になる可能性があります。
発症するのは年齢に関係なく10代でも20代でも発症します。

まとめ

たかが、白髪と軽くみていると病気が潜んでいる可能性がありますので注意が必要です。
特に10代、20代と若い方や、白髪の生えている場所が一部分に偏っている場合は気を付けましょう。

また、身体の内部から髪へ必要な栄養分が補給できるサプリメントの活用は効果的です。
ブラックサプリEX
<<ブラックサプリEX公式サイト>>

 この記事へのコメント

  1. […] 詳しくはこちらに記載していますが、貧血、胃腸疾患や甲状腺疾患といった一部の病気では、白髪を増やす場合があります。 薬の副作用で白髪になることも少なくありません。 […]

  2. […] 詳しくはこちらに記載していますので、ご覧ください。 […]

  3. […] 詳しくはこちらに記載していますので、ご覧ください。 […]

  4. […] 詳しくはこちらに記載していますが、貧血、胃腸疾患や甲状腺疾患といった一部の病気では、白髪を増やす場合があります。 薬の副作用で白髪になることも少なくありません。 […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

髪が濡れたままだと白髪染めの色が抜けやすい!

白髪染めで暗くなり過ぎた色を落とす方法

あなたの白髪は内臓の不調が原因かもしれない?

白髪を抜くと増えるのは本当?

白髪染めとヘアカラーの違いって何? 

お酒を飲み過ぎると白髪が増える? <お酒が白髪を増やす理由>