髪の根本から白髪になる理由と対策について

男性も女性も30代後半から白髪が目立ち始める人が多いです。白髪の生え始めはよく見てみると、毛先は黒いけれども、根本が白いという場合が多いです。それは、髪の毛は根本から白くなるからです。
ここでは髪の毛の根本の白髪の理由と対策について、分かりやすく説明します。

根本だけ白髪になる理由

加齢による白髪となる原因

そもそも髪は、毛根にある毛母が細胞分裂を繰り返すことで生まれています。この細胞分裂の繰り返しは、成長期⇒退行期⇒休止期を1サイクルとして繰り返され、新しい髪が生えてくる周期、いわゆるヘアサイクルを繰り返しています。

一方、髪の毛の色はメラノサイトで作られた色素が、毛母細胞に運ばれることで黒髪を維持できます。メラノサイトは色素を産生する細胞です。
しかし、このラノサイト(色素細胞ともメラニン細胞いいます)の機能低下や消失され、色素が供給されなくなると、髪の毛に色がつかなく、白髪となります。

このメラノサイトの生産には必要な酵素があるのですが、この酵素の働きは40歳前後から衰え始めます。丁度、白髪が気になる年代と合いますね。

このように加齢によるメラノサイトの機能が、年とともに低下したり、メラノサイト自体の数が少なくなってしまったりすると、白髪ができてしまいます。
白髪の原因はストレスや病気もありますが、ここでは加齢による白髪について説明します。

黒髪が白髪になる原因を考えると、以下の通りです。

  • メラノサイト数の減少または消失
  • メラノサイトを作る小器官(メラノソーム)の減少または消失
  • メラノソームでメラノサイトを作る材料の消失
  • メラノサイトは作られても毛母細胞に運ぶ輸送システムの機能停止

なぜ根本白髪となるのか

髪は普通、頭皮にある毛根の毛球内の毛乳頭が毛母細胞に命令し、特定のタンパク質を合成しケラチンを生み、これが髪となります。
しかし、加齢によって、メラノサイトが毛母細胞に送れなくなると、メラノサイトがない状態で、髪が毛母細胞で作られるため、結果的に根元から白髪になってしまいます。

根本白髪の対策

根本白髪に悩んでいる方、大丈夫です。根元の白髪だけを定期的に染める方法があります。

髪は、1日常に0.2~0.5mmほど伸びることを考えると、頻繁に白髪染めをするようというと言う方もいますが、髪を傷める危険性をもあるため、根元に塗っても周囲に広がりにくいクリームタイプの白髪染めをおすすめします。

他にもマニュキュアタイプのリタッチという方法もあります。

ヘアカラートリートメントという選択

ここまでで、根本白髪の原因と対策について説明しました。
しかし、髪を傷めずに根本白髪が目立たない対策があります。それはカラートリートメントです。

ヘアカラートリートメントは時間がかかりません。通常のヘアトリートメントと同じ方法で着色できます。

しかも、トリートメントですので、髪や頭皮へのダメージはかかりません。天然素材を中心とした成分で髪や頭皮をいたわってくれます。色落ちは通常の白髪染めより早いので1週間に1、2回の使用が必要ですが、手間が掛からず、髪、頭皮に優しいので特に問題にはなりません。

染める力は白髪染めより弱いのですが、使うことにより、徐々に自然に染まっていきますので、不自然さはありません。
また、髪の毛が染まるまで若干の時間がかかるため、なるべく早目のご使用をおすすめします。
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
メージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あのアイドルもついに白髪?

がんの治療薬で白髪が黒髪に戻った?

爪もみで白髪を改善!

あなたの白髪は病気の前兆かもしれない・・・

白髪用ファンデーションとは?

白髪染め専門店のメリットとは