お酒を飲み過ぎると白髪が増える? <お酒が白髪を増やす理由>

百薬の長とも言われるお酒ですが、飲み過ぎると白髪が増える原因にもなりそうです。

お酒を嗜める人は多いですよね。お付き合いで飲む人、晩酌で一杯のみ人、寝酒、又は毎日、浴びるよう飲む人・・・。

飲む量や頻度はそれぞれですが、大人になると大抵の方はお酒を飲まれると思います。

しかし、ほどほどにしないと白髪が増える原因になります。

ここではお酒と白髪の関係について説明します。

お酒が白髪を増やす理由

お酒が白髪を増やす理由は二つあります。それは結構不良アミノ酸不足です。

血行不良

白髪の直接的な原因は髪に色を付ける細胞である「メラノサイト」の現象や機能を失いことです。血流が悪くなりますとメラノサイトの活力が失わられ、髪を作り出す毛母細胞の機能も落ちてしまい、結果、白髪が増えることになります。

では、何故お酒の飲み過ぎが血行不良となるのでしょうか。

肝臓の機能低下

お酒の飲み過ぎは肝臓の機能を低下させます。

お酒に含まれるアルコールは肝臓で2段階に分解されます。はじめはアルコール脱水素酵素によって毒性の強いアセトアルデヒドに、そしてアルデヒド脱水素酵素によって無害化されて酢酸になり、体外へ排出されます。

このようにお酒の飲み過ぎは、アルコールを分解するために、肝臓に過度の負担が掛かるため、肝臓の機能が低下します。

そして、肝臓は血液を貯め、身体の様々な部分に血液を送る役割を担っています。その血液の量は心臓から拍出(はくしゅつ)される血液量の約4分の1に相当します。

肝臓の機能が低下するによって、頭皮や頭髪への血液供給量が少なくなります。生命への影響が少ない部分への血液供給の優先度は低いのですね。

脱水症状

お酒を飲み過ぎると喉が渇きますよね。お酒という水分を飲んでいるのに、喉が渇いてしまうという現象。不思議な感じがしますが理由は簡単です。

お酒を飲む方はご存知かと思いますが、お酒を飲むとトイレが近くなります。お酒に含まれるアルコールの利尿効果によって、身体の水分がおしっことして排出されてしまうからです。

脱水症状になると血液濃度が高くなり、いわゆる血液ドロドロ状態となり、血行不良に陥ります。

アミノ酸不足

髪の色素を作るメラニンの生成は、アミノ酸の1つであるチロシンというアミノ酸が元となります。チロシンを酵素チロシナーゼによって酸化し、ドーパを経て、メラニンを生成します。

お酒を飲み過ぎるとアルコールを分解するために体内にある様々なアミノ酸が大量に消費されてしまいます。その結果、メラニン生成に必要なアミノ酸が供給不足となり白髪が増えることになります。

上手にお酒と付き合いましょう

ここまででお酒の飲み過ぎは、白髪が増える原因となることがお分かりになったと思います。

では禁酒すればよいのですが、お付き合い等々なかなか、禁酒するというのが難しいという方は多いと思います。そこで週に2日は休肝日を取り、お酒は適量を守りましょう。

適量は人によりますが、目安としては以下の通りです。

お酒の種類 平均的なアルコール度数 適量
ワイン 14度 1/4本(180ml)
焼酎 25度 0.6合(約110ml)
日本酒 15度 1合(180ml)
ウイスキー 43度 ダブル1杯(約60ml)
ビール 5度 中瓶1本(約500ml)

 まとめ

◆お酒飲み過ぎは白髪が増える原因になる。
 ・血行不良(肝機能の低下、脱水症状)
 ・アミノ酸不足

◆お酒とは上手に付き合う
 ・週に2回の休肝日
 ・適量を守る

お酒と上手に付き合うことでストレス解消や血行促進など、まさに「百薬の長」の効果が期待できます。
しかし、飲み過ぎてしまうと白髪が増えるだけでなく、様々な健康への悪影響が出ますでの、気を付けましょう。

お酒の飲み過ぎにもサプリメントの活用は有効です。

<<ブラックサプリEX公式サイト>>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

白髪染めとヘアカラーの違いって何? 

紫外線が原因で白髪が増える? 原因と対策とは

白髪染めを始めるタイミングはいつから?

白髪の予防に効果がある食べ物とは?

白髪隠しの選び方

あなたの白髪は内臓の不調が原因かもしれない?