自然な感じで白髪を染めたい

40代になると白髪が気になる人が多いです。

そこでの決断は白髪を染めるのか染まないのか。染めるとしてもできれば自然な感じで染めたいですよね。

「あ、あの人、髪を染めたよ。」なんということを蔭で言う人はさすがにいないと思いますが、心の中では思っていることが多いです。

何より染めた本人が良く分かっているので、何となく気恥ずかしい感じがします。

ここでは自然な感じで白髪を染める秘訣について説明します。

はっきりとは染めない

自然に染めるためには、真っ黒にはっきりと染めないことがポイントです。

どうしても白髪染め、一般的なヘアカラーを使うと不自然に真っ黒になってしまいます。

そうなってしまう理由はいくつかあるのですが、一番の理由は髪の毛の色が均一になってしまうことです。

自然な髪の毛の色は一本一本が微妙に異なります。それは髪の毛の色を付けるメラニン色素の配合率が微妙にに違うためです。

しかし、一般的なヘアカラーで染めてしまうと人工的に髪全体が同じ色になってしまいます。

したがって、不自然なマネキン人形のかつらのような真っ黒になってしまうわけです。

徐々に染める

次に染めるタイミングです。

昨日までは白髪がチラホラ見えていたのに、次の日は真っ黒というのは普段会っている人にはやっぱり不自然です。
「あ!染めたんだ!」と思われますよね。(心の中で)

徐々に色が着いていけば自然ですよね。それでも最終的には年齢的にも「髪は染めているな~」というのは分かってしまいますが、徐々に染めていれば「いつ染めたの?」、「髪、染めているんだ」くらいですみます。

髪や頭皮は傷めない

一般的な白髪染めは髪を傷めます。自然ではないですね。

髪を傷める理由としては一般的な白髪染めの仕組みのためです。

一般的な白髪染めの仕組みはまず、染料を浸透しやすくするためにアルカリ溶液で強制的にキューティクルを開きます。

キューティクルは自然には元に戻らないため、十分なトリートメントをしてもポロポロと剥がれてしまい髪が傷みます。

白髪染めで髪が痛む? 白髪染めを使うと髪がキシキシしたり、パサパサしたりすることはありませんか? または、髪が痛むから白髪染めをためらったり...

また、染料には発色を良くするために、アレルギーも起こす原因ともなるジアミンという刺激が強い薬剤が使われいることが多いです。

このジアミンという薬剤は国によっては使用禁止にもなっている劇薬ともいえます。このジアミンが頭皮を傷めてしまいます。

白髪染めをすると頭皮がヒリヒリしたり、痒くなったりしたことはありませんか? 鏡でよく見てみると赤く炎症を起こしたりしています。 ひどい場...

ヘアカラートリートメントという選択

ここまでで不自然な白髪染めにならないポイントを説明してきました。

・はっきりとは染めない
・徐々に染める
・髪や頭皮は傷めない

一般的な白髪染めやヘアカラーを使用するとこれらの3つのポイントはクリアできません。

そこで提案したいのはヘアカラートリートメントです。

ヘアカラートリートメントは強制的に髪に色を付けることはしないため、自然な色の仕上がりになります。

また、これはヘアカラートリートメントのデメリットととも言えてしまうのですが、一度には染まりません。

徐々に自然な感じで染まっていきます。但し、一度色が着いてしまえば、週に1、2回の使用で色が定着します。

一般的な白髪染めのように白髪が増えてきて⇒真っ黒になって⇒また白髪が増えてくるような繰り返しはありません。

一度、色が定着すれば、自然な感じでキープできます。

そのうえ、ヘアカラートリートメントというだけあって、髪を傷めるどころか髪に優しいです。

天然由来成分で作られていることが多く、髪を染めながら優しく髪や頭皮をケアしてくれます。

自然な感じで白髪を染めたい場合はヘアカラートリートメントがお勧めです。


≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

美容院・美容室で白髪染めをすると値段が高い?

白髪染めの色持ちを良くするコツとは?

白髪が目立たない明るい色で白髪を染めたい

産後に白髪が増えた! その対策と治し方について

バスルームを汚さずに白髪染めをしたい

一部分だけ白髪が生えて困っている