白髪染めで暗くなり過ぎた髪を ブリーチで明るくしたい

白髪染めで染めてみたものの、思ったより暗くなり過ぎてしまったと思ったことはありませんか。

もう一度、明るい色で白髪染めやおしゃれ染めをしても、明るい色にはなりません。暗い色の上に明るい色は染まらないのですね。

そこで、髪を明るくする方法で「ブリーチ」があります。しかし、白髪染めで暗くなった髪をブリーチで明るくする方法は良いのでしょうか。

ブリーチとは

ブリーチとは髪の毛のメラニン色素の色を抜くことにより、髪の毛の色を明るくする方法です。

色素を抜いてしまうので、明るいというよりほとんど金色になってしまいます。普通は色を抜いた後に好みの色を付けていきます。

ブリーチの仕組みとしては、簡単にいうと以下の通りです。アルカリ剤と過酸化水素水の混合剤を使用します。

  1. アルカリ剤で髪の毛の外側にあるキューティクルを強制的に開く
  2. アルカリ剤と過酸化水素水の科学反応により、髪の毛の色を出しているメラニン色素を分解する

途中までは白髪染めと仕組みは同じです。白髪染めは色素を分解した後、染色という工程が入ります。

白髪染めをした後、ブリーチすると髪が傷む

白髪染めは髪を傷めるというのはご存知でしょうか。そもそも白髪染めの混合剤が刺激が強く、またキューティクルを開いてしまうので頭皮、髪に良いわけがありません。ブリーチも仕組みは同じですので、髪は痛みます。

したがって、白髪染めをした後、ブリーチするという作業は髪がかなり傷みますので、お勧めはできません。

では、白髪染めをした後の髪を明るくするのは、どのようにしたらよいでしょうか。

対応1 2か月後に明るい色で白髪染め

本当は新しい髪が生えてきてから、明るい色で染めるのが良いのですが、そんなには待てませんよね。

白髪染めで髪の毛にダメージを蓄積しないためには、2ヶ月に1度、白髪を染めるメースが良いと言われています。

したがって、2ヶ月待って、次は明るめの色で白髪染めをしましょう。

対応2 脱染洗を使う

白髪染めの色を抜く商品で脱染剤というものがあります。その漢字の通りに染料の色を抜くものです。

ブリーチと仕組みは同じですが、違いは以下の通りです。

ブリーチ : 髪のメラニン色素を漂白して明るくする

脱染剤  : 人工的な着色を取る

脱染剤も髪は傷みますが、ブリーチほどではありません。2ヶ月も待てない方、多少の髪の傷みは覚悟できる方は脱染剤を使用できます。
若干ではありますが、脱染剤の方が髪は傷みません。

まとめ

◆白髪染めで暗くなり過ぎた髪を、明るくするためにブリーチをするのは髪が非常に傷む

◆髪を明るくする方法
・2ヶ月後に明るい色で染め直す
・脱染剤で色を抜く(髪は傷む)

白髪を染めたいけど、「美容院で染めるのは、お金も時間ももったいない!」、「市販の白髪染めは頭皮や髪へのダメージが心配」。 そんなあなたにピ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

数本の白髪を自分で何とかしたい!!

自然な感じで白髪を染めたい

明るい茶色だと白髪がうまく染まらない

白髪を黒く染めたのに茶色く変色してしまう

黒の白髪染めをすると、後から生えてくる白髪が目立ってしまう

白髪染めで髪が痛んでしまう・・・。その原因と対処方法とは?