白髪染めを始めるタイミングはいつから?

人によって異なりますが、白髪が生え始める年代は大体、男性で30代半ば、女性で30代後半と言われています。

30代で白髪7がチラホラと見えてきて、40代に入るとかなり目立つようになります。

そこで、気になるのが染めるか、染めないかです。

白髪染めというとなんとなく抵抗感がありますし、染めないでいれば白髪が目立ってしまう・・・。

悩める年代でもありますね。ここでは白髪染めを始めるタイミングについて説明します。

白髪が進んでからだといかにも染めましたという感じ

白髪が進んでから染めますと、普段、回りにいる人からはいかにも染めた感じに見えます。

それはそうですよね、昨日までは白髪が目立っていたのに、今日になると真っ黒になってしまうと白髪が染めたのはバレバレです。

もちろん、「そんなことは気にしない」という人もいますので、そのような人はある程度、白髪が進んでから白髪を染めても大丈夫です。

逆にそれでは「不自然だ」「ちょっと恥ずかしい」という人は白髪が進む前に対応しましょう。

早くから白髪染めをすると髪が傷む

では、早めに白髪染めをしましょうとします。しかし、それもちょっと待ってください。

なぜならば白髪染めはどうしても髪を傷めてしまうからです。

一般的な白髪染めの仕組みとしては染料を染み込ませやすくするために、キューティクルを強制的に開いて、髪に染料を浸透させます。

強制的に開かれたキューティクルは自然に元には戻りません。どんなにトリートメントしてもポロポロと剥がれてしまいます。

キューティクルを開くのはアルカリ性の溶剤を使用しますが、刺激が強く頭皮、毛髪が傷みます。

また、染料には発色を良くするためにジアミン系というとても刺激が強い薬剤が使われていることが多いです。

このジアミン系薬品とは国によっては使用が禁止されているほどの劇薬です。

そのうえ、アレルギー症状を起こすこともあり、頭皮の痒み、ただれ、痛みを発生することがあります。

アレルギーは対象物質が蓄積されると発生しますので、昨日までは大丈夫だったのにある日突然、発症することがあります。

したがって、早く白髪染めをすると、髪や頭皮が傷みが進み、ジアミンアレルギーの危険性を高まるため、おすすめしません。

白髪染めで髪が痛む? 白髪染めを使うと髪がキシキシしたり、パサパサしたりすることはありませんか? または、髪が痛むから白髪染めをためらったり...
白髪染めをすると頭皮がヒリヒリしたり、痒くなったりしたことはありませんか? 鏡でよく見てみると赤く炎症を起こしたりしています。 ひどい場...

結論:早目のヘアカラートリートメントがおすすめ

では、どうしたら良いのか?

ここでは、早目のヘアカラートリートメントをおすすめします。

白髪が少し目立ったなというところで、ヘアカラートリートメントをすると、白髪をカバーしれくれます。

また、ヘアカラートリートメントは天然由来成分で作られていることが多く、髪や頭皮を傷めません。

逆にトリートメントといっているだけあって、髪を優しくケアしてくれますので、長い期間を使用しても安全です。

白髪染めをするタイミングをしては、早目にヘアカラートリートメントを使うことをおすすめします。


≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お酒を飲み過ぎると白髪が増える? <お酒が白髪を増やす理由>

その白髪、病気が原因かも?

紫外線が原因で白髪が増える? 原因と対策とは

あなたの白髪は内臓の不調が原因かもしれない?

白髪を抜くと増えるのは本当?

注意! 秋は白髪が増えやすい季節