白髪染めをしても黒い色にならない

白髪染めを自分でするのは難しいですよね。なかなか自分の思うような色にならないことが多いです。

サンプルの色のようにならずに、思ったより明るくなったり、または逆に暗くなったり・・・。

そこで意外なことに白髪染めをしても黒い色にならない場合があるというのです。

ここでは白髪染めをしたのに黒い色にならない理由について説明します。

市販の白髪染めは3割白髪の人を想定している。

全てがそういうわけではありませんが、市販の白髪染めのどのような人をターゲットにしているかご存知ですか?

白髪の割合は人それぞれです。全ての人にとって良いような商品は難しいです。

大体白髪の割合が全体の3割の人が染めた場合にパッケージの色になるように想定しています。

3割というと10本髪の毛があったらそのうち3本が白髪ということです。意外と白髪が多い人です。

もちろん、真っ白の人でも、3割より白髪が少ない人でも白髪染めを使えば色は付きますが、パッケージのような見本の色は出にくいです。

白髪が多いと見本より全体的に明るめに見える

このように黒と白と相反する色を同じ色に染めるのは大変難しいのです。

白髪染めはおしゃれ染めほどではありませんが、一度、脱色をして染色をすることで髪を染めます。

黒髪の部分は見本の色より、ちょっと暗く染まり、白髪の部分は見本の色よりちょっと明るく染まります。

そこで、白髪が3割くらいの人は全体的に見れば見本の色になるようにしています。

ですから白髪が多いと全体的に明るく見えることがあります。

また、逆に黒髪が多いと白髪の部分が染まっていないように見えることもあります。

なかなか難しいですね。自分にぴったりの色が見つかるまでは試行錯誤が必要です。

白髪を染めたいけど、「美容院で染めるのは、お金も時間ももったいない!」、「市販の白髪染めは頭皮や髪へのダメージが心配」。 そんなあなたにピ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自然な感じで白髪を染めたい

白髪が目立たない明るい色で白髪を染めたい

白髪を染め残しなくきれいに染めたい

白髪染めはどのくらいの頻度で行うべき?

一部分だけ白髪が生えて困っている

どうして部分的に白髪が生えるの?