白髪染めをすると白髪が増えてしまうは本当?

よく「白髪染めをしたら白髪がかえって増えてしまった。」とか、「白髪染めは白髪が増えるから染めない方がいいよ。」という言葉を聞くことがありませんか?

白髪染めが白髪を増やすなんて、悪い冗談としか聞こえません。しかし、まったくのウソでは無いようなのです。

白髪染めが白髪が増える理由を説明いたします。

白髪染めをすると白髪が増える?

白髪染めをすると白髪が増えるというのは、結論からいいますと、白髪が増えるように感じる・見えるというのが正解です。

白髪染めで髪が傷む

白髪染めは実はかなり髪や頭皮を傷める作業です。
白髪染めの仕組みとしてまず、髪をしっかりと染めるために、アルカリ剤によりキューテクルを無理矢理開いて染料を染み込ませます。

キューテイクルは、髪を外部の刺激から守り、タンパク質や水分が失われないように働くと同時に、髪につやを与えています。
この大事なキューテイクルが開きっぱなしになってしまうため、髪のツヤがなくなり、せっかく染めたのに白髪が増えたように感じることがあります。

白髪染めで頭皮が傷む

白髪染めにはジアミン系薬剤というものが含まれています。このジアミン系薬剤という物質は髪の発色を良くする化学物質なのですが、頭皮を傷めてしまうというデメリットがあります。人によっては、アレルギー症状が出たり、頭皮に湿疹ができたりします。

白髪染めの注意書きにパッチテスト(皮膚の目立たないところに少量の白髪染めを塗って48時間様子を見るということです)を必ず行うようにしているのは、このジアミン系薬剤の耐性を確認するためです。

このように頭皮を傷めてしまうと、頭皮の老化につながり白髪が増える可能性があるということです。

白髪染めをするタイミングと白髪が増えるタイミングが一緒

白髪染めを始めるということは、白髪が気になる、又は目立ってきた時ですよね?
ということはちょうど、白髪が増えてきたタイミングなのです。

この場合は、たまたま白髪染めをするタイミングと白髪が増えてきたタイミングが一緒のため、白髪を染めたのに白髪が増えたと感じるのです。

きちんと白髪が染まっていない

これは単純な話です。説明書通りに、時間を使わなかったり、液の量や時間を間違えるときちんと白髪が染まりません。
結果、白髪を染めたのに白髪増えたと感じます。

まとめ

白髪を染めたのに白髪が増えるというケースがあることがご理解いただけましたでしょうか。

白髪染めのダメージによって、白髪が増えてしまった、というのは本末転倒ですので、カラートリートメントなどの活用も一つの方法です。

≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生え際の白髪をきれいに染めたい

10代の白髪を何とかしたい!! 原因と治し方について

面倒な白髪染めを何とかしたい!!

白髪を染め残しなくきれいに染めたい

白髪が目立たない カラー(色)とは?

白髪染めで暗くなり過ぎた髪を ブリーチで明るくしたい