白髪への対応でやってはいけない3つのこと!

普段、気にしていなかった行動が実は白髪を増やしたり、髪にダメージを与えていることがあります。

その中には実は髪に良いと思っていた行動であったりします。怖いですよね、髪に良かれと思ってしていたことが、実際は逆に髪を傷め、白髪を増やしている・・・。

ここでは普段やりがちな白髪NG行動を説明します。白髪が気になる方はちょっと気を付けて頂ければと思います。

朝シャン

朝シャン、気持ちがいいですよね。特に夏は寝ている間に汗をかきますので、朝シャンをするとサッパリしますね。

しかし、朝は時間が無いのでついつい急いでしまいます。そうすると十分なすすぎができなくなり、シャンプー液が頭皮に残ってしまうため、刺激を与えたり、乾燥の原因になります。

頭皮の環境が悪くなりますと、白髪の原因になります。

また、きちんと髪を乾かせないケースも多く、髪が濡れたままですと、キューティクルが開いた状態ですので、白髪染めをしている方はカラー剤が漏れてしまい、色落ちが早くなります。

濡れた髪というのはキューティクルなど髪が弱く、傷みやすい状態です。

朝シャンの時は「しっかりすすぐ」「しっかり乾かす」「保湿を十分」にしましょう。

髪を洗ってお風呂やシャワーの後、髪を濡れたままで放置していませんか? 好きなテレビをやっていたから、家事があったから、そもそも面倒くさいか...

頭皮をブラシなどで強く叩く

覚えている人はある一定年齢の方かもしれませんが、昔の育毛のコマーシャルで「家でも叩かれ、会社でも叩かれ」と髪のマッサージで頭を叩くものがありました。

髪の為に頭皮に適度なマッサージとして、硬いブラシで頭をたたく人がいますが、これでは刺激が強すぎて、頭皮や髪が傷んでしまうだけです。

頭皮は指の腹でやさしくマッサージをしたり、ブラッシングは「パドルブラシ」などでやさしくゆっくりと頭皮を刺激しましょう。

普段、何気なく行っているブラッシング。最近は自然な毛の流れを生かすために手櫛(てぐし)のみの人も多いと聞きます。 それだったらもったいない...

白髪を抜く

白髪を見つけると、数本であればパッと抜いてしまうことがあるかもしれません。

よく白髪を抜くのは良くないと言いますが、それは本当です。

なぜならば、毛根が激しく傷むからです。白髪を無理に抜くと毛根の形が変形してしまいます。また、毛穴周辺の皮膚や毛細血管に傷がついて、頭皮の炎症を起こす可能性もあります。

繰り返して白髪を抜くと毛母細胞が繰り返しダメージを受け、最悪の場合は髪の毛が生えてこなくなってしまうこともあります。

白髪を見つけたら、リタッチなどの白髪隠しで染めるか、根本から切るようにしましょう。

よくこういう話を聞きませんか?「白髪は抜くと増えるから抜かない方がいいよ」。白髪を抜くとそこから2本3本と新しい白髪が生えてしまうというのが、「...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

白髪隠しの選び方

泡タイプの白髪染めにはご注意

白髪の予防に効果がある食べ物とは?

注意! 秋は白髪が増えやすい季節

ストレスが原因で白髪になる?

紫外線が原因で白髪が増える? 原因と対策とは