自分に似合う白髪染めの色が分からない

白髪を染めるとき、色で迷うことはありませんか。

真っ黒だと自然でない気がしますし、なんとなく面白くない。

かといって、どこまで明るい色が許されるのか難しいところです。

ここでは自分に似合う白髪染めの色について説明します。最初に断っておきますが、男性会社員はやっぱり黒が無難です。

ここでは女性中心に説明します。

パーソナルカラーで選ぶ

まずはパーソナルカラーで選びましょう。パーソナルカラーとは、人それぞれ生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)があります。その各人の生まれ持った色と雰囲気が合う色のことです。

ここでは、顔色、瞳の色、唇の色、自毛の色を中心に例を上げます。

赤みをおさえたオレンジ、アッシュ系グレイ

黒や茶を選ぶ場合は、少し黄みがかった色あいのもの

顔色   :黄色っぽい
唇の色  :黄みがかったピンク(薄いピンク色)
自毛の色 :茶色
瞳の色  :明るい茶色に近い
赤みの強いレッド系のブラウン、濃いピンク

黒色を選ぶなら、赤みの強いもの

顔色   :青みがかっているか、白っぽい
唇の色  :ローズ系のピンク(鮮やかで赤い)
自毛の色 :黒色
瞳の色  :濃く黒に近い

どうしても似合う色が分からない時は

上記のような例に合わない場合もあると思います。というかピッタリ合う人の方が少ないですよね。

その場合は、暗めの茶色がオススメです。

なぜならば、日本人の多くは、元々の髪の毛の色が赤みが強い黒色が多いためです。

元々の髪の毛の色はメラニン色素の量と割合で決まります。メラニン色素が多いと髪の毛の色は黒く見えます。

メラニン色素が少なくなると「赤」⇒「オレンジ」⇒「黄色」と変化します。日本人の多くの髪の毛の色は赤が強い黒です。

赤みのある黒にはナチュラル感のある少し暗めの茶色が似合うのです。

また、髪に光を当てると黄色に近い色や金色、明るめの茶色に見える人はレベル7以上の明るい茶色が良いでしょう。

最後に繰り返しになりますが、男性会社員の方は黒が無難です。

男性の白髪染めの色って意外と迷いますよね。 女性でしたら、明るい茶色などでお洒落をしても自然に見られます。最近では茶髪男子も珍しくなくなっ...
白髪を染めたいけど、「美容院で染めるのは、お金も時間ももったいない!」、「市販の白髪染めは頭皮や髪へのダメージが心配」。 そんなあなたにピ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

白髪染めで暗くなり過ぎた髪を ブリーチで明るくしたい

低刺激の白髪染めでは一回できれいに染まらない

白髪染めと校則について

白髪染めでキラキラ光ってしまう!! キラキラしない方法とは?

カラートリートメントが染まらないのは髪質が原因?

白髪を予防するシャンプーとは